アトピーでも安心【ヴェレダ カレンドラクリーム】

アトピーでも安心して使えるヴェレダ

厳しい猛暑も終わり、秋ですね。。。
冬に向けて寒さが増します。そして乾燥も!笑
アトピーを持っている私は、乾燥は脅威!この時期はとっても辛いです。
そこで!(なのか?)
今日ご紹介するのはこのクリーム、『ヴェレダ カレンドラ ケアクリーム』です♪

ヴェレダ カレンドラ ケアクリーム

ヴェレダ カレンドラ amazon

ヴェレダ カレンドラ 楽天

パッケージによる商品説明には・・

「エモリエント効果の高いミツロウやゴマ油を配合した濃厚なクリーム。天然成分が乾燥しやすい肌を保護し、健やかに保ちます」とのこと。ふむふむ。アトピー肌の私でもつかえそうで期待が高まります。

ヴェレダ カレンドラケアクリームの成分は・・

ヴェレダ カレンドラクリームの成分を見てみると・・

ゴマ油、水、ラノリン、エタノール、ミツロウ、ラノリンアルコール、トウキンセンカエキス

さすが自然派のヴェレダ、防腐剤等の化学物質は一切入っていません。

ヴェレダとは?

ヴェレダ カレンドラクリーム
昨今、幼児教育の中で耳にするようになったシュタイナー教育の生みの親、ルドルフ・シュタイナーによって1921年に創設された医薬品企業。以来、彼の思想を受け継ぎ、自然治癒力を高めるような商品を作り続けている会社。

サステナビリティ、フェアトレードに取り組み、バイオダイナミック栽培、有機栽培、野生の植物を使うというこだわりのもと、現在世界50か国以上で使われているオーガニックコスメブランドのパイオニア的存在です。

動物実験は一切行わず、また合成保存料・合成着色料・合成香料や鉱物油は一切使用していないというのも注目すべき点で、スイス本社の医薬品製造と同等の品質検査・管理を行っているそうです。

バイオダイナミック農法とは?

シュタイナーが提唱した農法で、有機栽培の一種であり、農薬と化学肥料を使わず、天体の動きとの調和、動物との共生、独自の調合剤の使用を特徴とする。(Wikipedia参照)

アトピーに悩んだ私がヴェレダにたどり着くまで

ここで私の話を少し。アトピーに悩み続け、ヴェレダにたどり着くまでのお話です。

ステロイドが効かない!

私がアトピーをこじらせた20代後半、ステロイドが効かなくなりました。プロトピックというその頃はまだ新しかった軟膏のお薬も、顔が赤くなるという副作用が出てNG。
思い切って東洋医学に舵を取り、脱ステロイド・漢方を始め、ぐーんと良くなるも、最後の最後で治りきらない。

数年後、今度は断薬・脱保湿・自然療法の道を進み、現在は主婦湿疹程度のアトピーまで軽減。

・・という治療歴があります。

脱保湿を目指すも・・

断薬というのは、一切の薬を止めて、自らの自然治癒力を目覚めさせる方法。

脱保湿というのは、あらゆる保湿剤(化粧水、クリーム、軟膏…etc)を止めて、肌本来の強さを取り戻すこと。

自然療法というのは、主に食事療法。

個人的に、この脱保湿というのが一番厄介で、保湿されない不快感には慣れたものの、今度は何も保湿剤を受け入れなくなってしまったのです。

出産後のストレスでアトピーが悪化

それを痛感したのは、結婚後、一人目を産んでから、ストレスなどで落ち着いてたアトピーが悪化してしまいました。

指先を中心に酷い湿疹と掻き傷。

これでは家事が出来ないと思い、漢方の紫雲膏(豚の脂が主成分)やミツロウクリームやギー(インドの医学アーユルヴェーダの薬で、牛のバター)を使って保湿しようとしても、ベタベタとする使用感でかえって痒みが増し、乾燥させていた方がまだマシ、という状態が長く続きました。

それから指先の痒みや傷の痛みに耐え続けて数年…。二人目も生まれ、もう手先の不自由さにも慣れたころです。

去年の夏、また指先が悪化してしまい、いつもなら耐えるところ、何か塗ってみようと思ったのです。自然療法の見地から探して、ついにヴェレダに良さそうなトラブルケアクリームを見つけたのです!

決め手は「ラノリン」

決め手は、成分表にあります、ラノリン!

ヴェレダ カレンドラクリーム

ラノリンは、羊毛から採れる油で、ヨーロッパでは広く肌の保護に使われます。そしてなんとこのラノリンは、赤ちゃんの授乳中にできたおっぱいの切り傷のお薬にも使われていて、昔、私も切れた時に使っていたのです!

だから、これはひょっとして合うんじゃないかな…?と期待した訳です。それに切り傷に効くならば、この指先のぱっくり割れにもいいはず!

それに、塗った手で子供たちを触ったって、おっぱいに塗ってOKの成分なら、問題ないはずでは?!

あとの成分も、ゴマ油だったり、ミツロウだったり仮に舐めても大丈夫そう。トウキンセンカエキスは、ヨーロッパで子供のスキンケアによく使われるカレンデュラのエキスで、自分も入浴剤等で試したことあるし、これは子供にも安全そう!

そしてヴェレダプロダクト。信頼できる(今まで色々騙された過去あり。ステロイド入ってないと謳ってたのに入ってたり…)。

…ということで、お買い上げ。

でも、まぁ最初はいつものようにこの保湿を嫌がるようになってしまった肌にそう簡単にはなじむと思えず、あまり期待はしないようにしていました…。

指先のアトピーにも効果を発揮

そしていざ商品到着。不安と期待(大げさ!笑)に胸を膨らませて、ヌリヌリ…痒くなりたくないから、ごく少量をヌリヌリ…

こ、これは‥‥イケる!!!

こっくりとした使用感なのに、必要以上にベタつかないので、私みたいに油分に反応するタイプでも使える。

エタノール配合でも全く反応しない。

保護効果が持続して、守られている感じ?

この長年の乾燥アトピーで悲鳴を上げていた指先が、安らいでる!

ここ10年くらいで初めて!こんなに効果のある、しかも私でも使えるクリームをやっと見つけました。これは結婚相手に出会ったかのような感動でした。

それからは、何かトラブルがあってもこのクリームで落ち着けるようになりました。
そして今、私の指先アトピーは自分でコントロールできるまでになりました☆

注)この製品、ハンドクリームではなく、トラブルケアに分類されていました。私のように乾燥が強い人にはハンドクリームとして常用しても問題ないと思いますが、多くの方にとってはトラブル用に使われるのが良いのかもしれません。困った時の頼れる味方…みたいな存在として今後も頼りにしていきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする