ニキビと生理の関係

ニキビと生理の関係

ニキビ 生理

女性は生理前になると女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンの影響を受けて、ニキビや乾燥、肌荒れと言ったトラブルが起きやすくなります。特に生理前後に出来るニキビはあごや口周り、フェイスラインといったUゾーンを中心に出来る傾向があります。

このエリアはホルモンに影響を受けやすい箇所とも言われています。小さい毛穴は詰まりやすく乾燥しがちで刺激にも弱いので、ニキビの発生や悪化を招きやすい環境になってるので注意が必要です。成長ホルモンによる皮脂の過剰分泌で出来る思春期ニキビとは違って、大人ニキは繰り返しできて治りにくいのが特徴です。生理前後のホルモンバランスも原因のひとつですが、それ以外にも生活習慣やストレス、乾燥など様々な要因が複雑に絡み合っているのでなかなか治すことが難しいのです。

生理によるホルモンバランスが原因のニキビの場合、肌のバリア機能を高める栄養素を摂取する方法が有効です。食事や化粧品などで積極的摂りいれるほか、十分な睡眠時間の確保やバランスの良い食事を摂取していきましょう。特に生理中は身体のむくみやだるさ、血行不良や冷えなど不調になりやすいので、ストレッチやぬるめの風呂で身体を温めたりしてあげるなどの体調ケアも行うと良いでしょう。

なぜ生理前に肌が荒れるのか

生理前 肌荒れ

生理前に肌が荒れやすいのはホルモンバランスが大きく影響しています。女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンのふたつがあり、このホルモンの分泌量が28日周期で片かするのですが、生理が始める直前の7日間は黄体ホルモンの分泌量が最も多くなる時期と言われています。この期間を黄体期後期と言われ、その影響から肌がオイリーになり吹き出物が出来やすい状況になっています。紫外線にも過敏になるのでしみやそばかすが出来やすくなり、身体もむくみやすく、精神も不安定な時期です。

これは黄体ホルモンには皮脂を増価させる作用を持っていることが原因です。肌質が変わるため、スキンケアも慎重に行う必要があります。朝晩の洗顔はしっかりと行い、肌がべたついているとしても保湿ケアをしっかり行うことが大切です。肌のべたつきが余りにも気になるようでしたら脂とり紙などで肌の油分を抑えてあげましょう。全体的に肌が敏感になっている状態ですから紫外線対策とスキンケアは入念に行ってあげる必要があります。このとき新しい化粧品を試したり、シェービングなどは刺激になりますから避けるようにしましょう。

大人の肌荒れには大人のスキンケアを

思春期のニキビとは違う、大人の吹き出物。生理前だけでなく、ストレスやちょっとした環境の変化、気温の変化などに左右される大人の肌荒れは治りにくくやっかいですよね。

そんな大人の肌荒れにぜひお試ししていただきたいのが、資生堂のリバイタルグラナス。

資生堂リバイタルグラナス

ゆらぎやすい肌をもつ年代の女性のために開発された新しいキットが今ならお得なトライアル価格でお試しできますよ。

資生堂リバイタルグラナストライアルキットはこちら

↓リバイタルグラナスレビューはこちら↓

リバイタルグラナスのトライアルキットをお試し リバイタルグラナスのトライアルキットを試してみたので口コミしてみます♪ 私が試したトラ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする