リバイタルグラナストライアルキット

リバイタルグラナストライアルキット

べたつく夏でも涼しげ透光肌☆資生堂の「リバイタルグラナス」がトライアル価格&送料無料でお得!洗練された大人のツヤ肌に。

資生堂リバイタルグラナストライアルキット

インナーマッスルを鍛えて目指せメリハリボディ!

女子でもできる♪インナーマッスルの鍛え方

sport-1412163_640

インナーマッスルの鍛え方は、正しく行わなければなりません。インナーマッスルは深層筋と呼ばれるもので、体の根幹に近い部分にある筋肉を指します。インナーマッスルは姿勢を維持するために重要な筋肉なので、しっかりと鍛える必要があります。インナーマッスルを鍛えるには、自身が意識してインナーマッスルを動かすようにすることが何より大事になります。インナーマッスルを意識するには、鍛えるインナーマッスルを見るようにすると効果的です。視線を集中させれば、狙ったインナーマッスルを効果的に鍛えることができます。インナーマッスルを鍛える場合、テクニックさえしっかり身につけて覚えて活用すれば、特に難しくはありません。確実に鍛えることができます。足腰のインナーマッスルを鍛える場合は、仰向けになって手を横に置きます。そして腰を床から浮かすようにして片足を45℃上に真っ直ぐ上げてそのままキープします。これを左右交互に繰り返すとよく、ぽっこりしたお腹を凹ますことができます。この方法は関節や腰などの痛みを緩和する効果もあり、動作能力を向上させることもできます。また、裏技として異性の視線をしっかり気にすること&体の線を隠さない服を着ること!精神的に恋してるような状態になるサプリなどもあるので、そういったものを上手く摂りいれるのも楽しくダイエットするポイントになるかも♪

生理中はやせにくい?運動はしないほうがいいの?

sunrise-1642695_640

生理中はやせにくいとよく言われますが、これは本当です。イライラしたり、お腹が痛くて辛いのが生理中です。そんな生理中はダイエットしてもやせにくいと言います。生理中、やせにくいと言われるのは、食欲が旺盛になりやすく、むくみによる体重増加でやる気をなくしてしまうからです。そのため、ダイエットしても中々うまくいきません。
生理中で運動のダイエットは無理してしないほうがいいんです。体を冷やさないようにしてゆったりリラックスすることが大事。そんな時でもやっぱり体重が気になって・・という人には、美味しい置き換えダイエットがいいかなと思います
それから、生理前から生理中は体にとってやせにくい時期でもあります。それは、ホルモンのバランスが悪くなるから。ダイエットの効果が出にくい時期が生理中になります。生理が来る1週間前くらいから体重を増やそうとするシステムが働くので、体は水分やエネルギーを蓄えようという方向に向かいます。これにより体はむくみやすくなり、体重が減りにくくなるのです。そうしたことから、生理前にあせって食事を減らそうとしても意味はありません。生理中はやせにくいだけでなく、生理中のダイエットは逆効果になります。生理中はホルモンの関係上、体重が落ちにくいので、この時期、無理な食事制限や運動をするのはおすすめできません。生理中は、無理のない範囲でダイエットを継続させることを心がけましょう。