いや~な宿便・・断食すればちゃんと出せる?!

宿便ってなに?まずはどんなものか知ろう

317

宿便とは、滞留便と呼ばれているものですが、ダイエット関係で用いられる宿便については、数週間程度以上の長期にわたり腸壁にこびり付いている便を指します。こうした宿便であれば、断食や腸内洗浄で比較的簡単に排泄することができます。一般的に宿便は、健康な人でも3~4キロあると言われているんです!!

⇒いらない宿便をプチ断食でデトックス!手軽にできちゃう裏技とは?!

宿便のせいで腹痛があったり、吐き気がすることもあるので、溜めすぎると体に悪影響を与えます。宿便は腸内に残ってしまった残留便であり、便秘とは異なるからです。単に腸壁にこびりついた便が排出されずに残ったものではないのです。医学的な見地から見た宿便は滞留便と呼ばれているもので、腸にとどまった便ということになります。しかし一方で、宿便は体の毒素のデトックス効果の1つという説もあります。宿便の定義は難しいのですが、基本的には、腸内に便がたまったものであることに違いはありません。宿便は腸内のヒダやシワのような部分に便が蓄積し、長い時間とどまっている便のことで、何らかの原因で便が腸にとどまって出てこない状態を指しています。宿便は、腸内環境が悪い人ほどとどまりやすいので、腸内環境を整え、免疫力を高める必要があります。

ちょっと気になる毒だし茶の真相

ceramic-1034002_640
⇒体のいらないものデトックス・・してくれる甘いお茶の正体とは?

毒だし茶ってあるのでしょうか。毒だし茶というのは実際にあり、自分で作ることができます。現代人にとって毒だし茶は必要と言えるかもしれません。なぜなら、現代人は、過食気味で、生活習慣が乱れがちだからです。そうした生活習慣を続けていると病気を招くことになるので注意しないといけません。生活習慣の乱れは、血行を悪くして体の老廃物を出す力が弱まるので、毒だし茶を作って改善しましょう。手作り毒だし茶の作り方は意外と簡単です。用意するのは、ペパーミント、レモン、オリゴ糖、しょうがなどで、基本的には材料を混ぜて水で割るだけです。毒だし茶というとなんとなく強烈なイメージがありますが、味はとてもさわやかで飲みやすいです。毒だし茶というだけあって効果は高く、腸をしっかり動かして便を送り出してくれます。下剤とは違って腸の働きそのものを活発にしてくれるので、毎日のお通じが快適になります。毒だし茶を飲むのを習慣化すると、気持ちのよい排便が続くようになります。デトックス効果があり、水分がスムーズに排出されるようになるので、むくみ解消効果もあります。

白湯が宿便にもいいのはなぜ?効果をリサーチ

face-722394_640

白湯を朝飲むとどんな効果があるのかというと、一言でいうと美容効果です。美容のために白湯を取り入れている女性は多く、体にとても良い効果があります。白湯を朝飲むとお通じをよくする効果があります。朝は1日の中で一番空腹な時で、白湯を飲むことで休んでいた内臓を温めることができます。そうすると内臓の働きが活発になります。消化吸収をよくする効果もあるので毎日のすっきりにつながります。人は寝ているときは冬でも汗をかきますが、朝水分補給に白湯を飲むと、内臓に負担をかけずに水分補給できるメリットがあります、朝白湯を飲む場合、口の中の雑菌をなくす必要があるので、起きたらまず歯を磨きましょう。それからゆっくり白湯を飲むようにするとよいです。白湯を飲んだ後、30分後くらいに朝食を摂るとよく、内臓が動き出すのが実感できます。内臓を元気にできれば、美容と健康に良い効果が得られます。体温より温かい白湯を朝飲むと消化器官が温まるので活性化して代謝が高まり、便秘や肌荒れの改善につながります。朝に1杯飲む白湯で、体も肌もきれいになることができるのです。

オリーブジュースカプセルの効果あり?効果なし?を検証 オリーブジュースカプセルにどんな効果があるのか・・話題のオリーブジュースカプセル...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする