いろんな食材でファスティングしちゃおう♪ファスティングレシピ

ヨーグルトを使って!ファスティングレシピ

ファスティング=断食というのが浸透しつつあるこのごろ。美や健康に敏感な人なら、一度は挑戦してみたい!と思うデトックス方法ですよね。

ここではいろんな食材で自宅でも手軽に試せるファスティングのレシピをご紹介♪まずは、ヨーグルトを使ったファスティング。

breakfast-1575063_640

ヨーグルトファスティングというのは、月に1回、ヨーグルトで腸を休ませることにより、痩せやすい体質に変えるというものです。週末の2日間ヨーグルトと水分を中心に摂取するようにして、腸内環境をリセットします。ヨーグルトで効果的なダイエットができるので女性から人気があります。ヨーグルトファスティングのやり方は、週末の2日間、月に1回やるのですが、その特徴は初日の3食と2日目の朝昼の食事を150gのヨーグルトで過ごし、200~400mlの豆乳もしくは野菜ジュースで対応するところにあります。そして前日の夕食は和食を中心にして腹八分目までに控えるようにします。ヨーグルトファスティングをする時は、1日1.5~2Lの炭酸水を1回300mlに分けながら飲み、これで満腹感を維持します。ヨーグルトファスティングを成功させるには、ヨーグルトを摂る際、よく噛むようにし、炭酸水をしっかり飲んで満腹感を得るようにしなければいけません。お腹が空いた状態を作ると、自律神経が活性化するので痩せやすい体になることができます。気楽にやる心構えが大事なので、ヨーグルトファスティング中は、ゆったりと過ごすようにしましょう。

⇒自宅で手軽にできるファスティング方法って・・?もっと詳しく

甘酒で行うファスティングレシピ

amazake

甘酒ファスティングとは、甘酒をダイエットの味方にするというもので、朝に甘酒を飲みます。朝、満腹感と栄養素をしっかり摂取することで、無理なく痩せていこうというものです。食べ物をつい食べてしまいがちな年末年始の時期に人気のダイエット法で、甘酒には、アルコールの入っていない米麹から作られるものを使用します。甘酒ファスティングのやり方は簡単で、朝ごはんの代わりに甘酒をコップ1杯飲むだけです。一食を甘酒に置き換えるだけなので続けやすく、温かい甘酒で朝、体を温めることができます。甘酒は朝食が一番取り入れやすいので朝摂るのですが、自分に合った時間に置き換えてもかまいません。甘酒ファスティングのやり方は、色々あり、料理の中に甘酒を取り入れたり、間食する時に甘酒をコップ一杯分飲むという方法もあります。余分なカロリーを摂らずに無理なく続けられる甘酒ファスティングは、朝に置き換えてするのが一番良いのですが、間食の時に飲んでもそれなりに効果は得られます。飲むだけの簡単な方法なのですが、その効果は高く、酒粕や豆乳などを組み合わせれば、さらに美容への効果がアップします。甘酒を飲むと満腹感が得やすいのでダイエットしやすいです。